TOPへ戻る

妊娠中の歯科治療(マタニティ歯科)

当院のマタニティ歯科

妊娠中の時こそ歯科医院へ

元気に生まれてきてくれること。すくすく成長してくれること。
「自分のことよりも大切な赤ちゃんのことを優先!」
そんな頑張るママのこと・生まれてくる赤ちゃんのことを守りたい。

『妊娠中に歯科治療は受けられない…』そんなふうに思っていませんか?

実はそんなことはないんですよ。

お口の状況が変わりやすい妊婦さんこそ、歯科検診の受診が必要です。

自分の事よりも赤ちゃんを優先!
そんな素敵なママがひっそりとお口の中に負担を抱えてるのが私たちにとってはとても辛いのです。

妊娠中はお口の状態が変わりやすい時期です。

妊娠中には、
悪阻があったりホルモンバランスが変化したりすることから、
お口の中の状態にもさまざまな影響があります。

お口の中の事は、歯医者さんにたくさん相談して不安を減らし、
新しい家族とたくさんの笑って過ごして頂きたいなと思っています。

お子様のむし歯予防は実は「マイナス1歳」からはじまっています。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌はいません。
むし歯の原因菌は、お子様と接している大人からうつるといわれています。

これから生まれてくる大切な赤ちゃんのためにも、あなたのお口の中に住んでいるむし歯菌を減らして、
母子感染の危険を低くする方法、楽しく出来るむし歯予防の方法を、たくさん知って頂きたいのです。 

デンタルオフィス等々力では、妊娠中の歯科治療に対応しています。
頑張るママ達への身近な存在になれればと、いつでもご相談お待ちしております。

妊娠中の歯科治療

マタニティ治療を受けるタイミング

妊娠中の歯科治療は、一般的に安定期(16週〜)に入ってからが可能になります。
その他の時期でも、お母さんの体の状態や治療内容によっては可能です。

歯科を受診する前に、かかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。
マタニティ歯科を受診する際は、
産婦人科医から注意を受けていることは必ずお伝えください。

妊娠中に歯科治療を受けることは問題ありませんが、
お身体の様子を見て、適した時期を選んで受診しましょう。

妊娠初期 

妊娠0ヵ月~3ヵ月頃

個人差がありますが、悪阻の辛い時期かと思います。
ママの体は赤ちゃんを育てることの出来る環境に急激に変化するため、
体の負担がとても高くなります。

体を安定させる事が重要な時期です。
体調が上下しやすいので、激しい痛みなど緊急を要する症状がないかぎり、
歯医者さんへの受診は避けた方がよさそうです。

(※急患のことはお気軽にご相談ください。)

妊娠中期 

妊娠4ヵ月~7ヵ月頃

安定期に入り、もっとも歯科治療に適している時です。
『ムシ歯治療が必要かな?』と思ったら、この時期の受診をおすすめします。

お腹が大きくなると、イスを倒しての診療で体に負担をかけてしまいますので、
困ったことがあれば、この時期に治療を終わらせましょう。

まだ動きやすいこの時期に、検診にお越しください。
妊娠後期 

妊娠8ヵ月~10ヵ月頃

この時期は赤ちゃん誕生に向けて、準備が忙しくなる時期ですね。

お腹も大きくて、ママの体への負担も大きくなりますので、
歯医者さんは一旦お休みの期間になるかも知れません。

(※急患のことはお気軽にご相談ください。)
出産を間近に控えたこの時期は、治療を控えたほうがいいでしょう。

もっとも歯科治療に適しているのは妊娠中期です。
生まれてくる赤ちゃんのお口を守るためにも、検診を心がけましょう。

妊娠中はレントゲン撮影や麻酔注射は大丈夫??

レントゲン撮影は?
歯科のレントゲン撮影は性腺・子宮から離れており、胎児への放射線の影響はほとんどありません。
私たちは日常の中でさまざまな放射線を浴びています。
それと比較すると、歯科診療のレントゲンによって浴びる放射線量はごくわずかですので、
問題はないといえるでしょう。
撮影時には鉛のエプロンを装着、また、最小限の使用となりますださい。

麻酔注射は?
歯科治療でつかう麻酔は、歯の周辺にのみ作用する局所麻酔です。
麻酔薬も安全なものを使用していますので、お母さんの身体にも赤ちゃんの身体にも問題はありません。
そして、歯科治療で一般的に麻酔として使われているのはキシロカインという薬で、
これは無痛分娩にも用いられているものですので問題ありません。

どうしてもお身体が辛くて受診できない方へ

当院がお伝えするお家でできるセルフケア

時期によって行える、セルフケアの仕方をご紹介致します。

大切な赤ちゃんを守るための準備です。是非、 参考にしてみてください。

【妊娠初期】のご自宅で出来るセルフケア

・口をゆすぐ(うがい)
通常通り食事が出来る時は、
咬むことでだ液の分泌を促すことが出来ますが、食事をしづらい時は、
胃酸の影響もあり、お口の中が酸性に傾き虫歯ができやすい環境になります。
きれいな口腔内を保つことも考え、こまめにうがいをするのも良いです。
・こまめな水分補給
悪阻による食欲不振(=ホルモンバランス)などによる、
だ液の分泌低下で、 お口の中は細菌が増えやすくなります。
こまめに水分補給をし、お口の中を潤してあげることが大切です。
だ液が不足している分、お口の中の自浄作用を水分で補ってあげましょう。
・無理のないブラッシング
1日の中で比較的安定している時間を見つけてブラッシングしましょう。
歯の表面についた汚れには粘着性があり、 お口をゆすぐだけでは取り除くことが難しいのです。
少しでもお口の中の異物感を減らすために、ヘッドの小さな歯ブラシがおすすめ。
歯磨き粉の匂いが辛い時は、何もつけずにチャレンジしてみましょう!

【妊娠中期】のご自宅で出来るセルフケア

・ブラッシングの回数を増やす
お腹の赤ちゃんが徐々に成長することで、胃が圧迫され、
1度にしっかりとした食事がとりにくくなり、
間食が増えてしまう方が多いのでは?
『赤ちゃんの為にもママ自身の為にも、ある程度の栄養は摂って頂きたい!』
『でも歯や歯肉への負担を減らしたい! 』
そんな両方のバランスを上手くとるためには、
短時間のこまめなブラッシングを心掛けることが良いです。
・何かあれば歯医者さんへ相談
ムシ歯の事、歯周病の事、治療の事、ケアの事…。
日常生活での不安はたくさんあると思いますが、 お口の中の相談は、やはりプロの歯医者さんへお任せ下さい。
治療が出来るのも、この妊娠中期の体が安定している時期です。

【妊娠後期】のご自宅で出来るセルフケア

・1日1回はゆったりとした時間の中でブラッシング
慌ただしくなる生活で、ブラッシングも慌ただしくは禁物。
1日の中で最もゆっくりできる時間を見つけて、
丁寧なブラッシングをしてみましょう。
お口の中がさっぱりすると、気持ちもリフレッシュ出来ますし、
このブラッシングを習慣化することが出来れば、
待望の赤ちゃん誕生の後の慌ただしいママも、
手が覚えてくれている ブラッシングを続けることが出来るハズです。

家族みんなで丁寧なブラッシング

慌ただしい日常からリラックスタイムとして、
ゆったりと時間を使って丁寧なブラッシングをオススメします♪

そんなママをみて、パパも丁寧なブラッシングを
真似してくれるようになれば『むし歯知らずの家族誕生』です。

身重なママの代わりに、パパからのご相談もお待ちしております。

 

*何かあれば歯医者さんへ相談*

妊娠でご自身の体調の変化から受診したくても受けられなくなってしまうこともあると思います。
また女性特有の悩みについて、歯科医師に相談しづらいこともあるかもしれません。


特に初めての妊娠をされた方にとっては、 お口の中だけでなく、
いろんな不安が付きまとっているのでは…?
歯医者さんはお口の中のプロフェッショナルですので、
些細な事でも相談するのが良いです。

『こんなことくらいで相談は迷惑かな…?』
と思わずに、デンタルオフィス等々力まで何でもご相談ください。